Kanonピアノ教室の日記

ピアノ歴45年の海外ピアニスト講師がつづります。英語も教えています

 

ながらダイエットをしています

 おはようございます。

 日々の家事ってとっても重労働。

 

 年末の大掃除で出した70リットルのごみ袋は15袋。

 

 最近、断捨離とか、ミニマリストとか流行っていますけれども、私はどちらかというと、過去に縛られるより、その思い出を次に生かせるように前を向きたい性格なので、どんどん捨ててしまうタイプだったんです。

 

 でも、最近、少し考えが変わってきました。

 

 捨てられないって気持ちは、とっても素敵だと思うんです。

 物を大切に長く使うっていう事も大切ですし、自分にとって思い出のものってあります。

 大切な思い出を無理に捨てる必要もありませんよね。

 

 子供の作品などは写真を撮って捨てるなどしています。

 

 だから、無理に捨てずに、物のおうちを作ってあげる。使用後はおうちに戻すようにする。作れないのならば、一年、思い出さなかったもの、使わなかったもの。は捨てる。などしています。

 

 話がそれましたが、そんな風に、一日中、年末の休暇は、動いていたんですが、今までは、それでも全く体重は変わらなかったんです。

 しかーし、私発案の「ながらダイエット」をしながら、家事をすると、ここ半年で3キロくらい減量できました。

 

 私ならこれでもできる!という、ごくごく簡単なものです。

 

家事をしながら筋トレをする

 元々、ながらが、大好きな私。

 ピアノの練習って、120分プログラムのコンサートがあるときは、一日3回通して弾くので、6時間くらい練習しています。

 

 2歳からピアノを始めてからずっと、練習が必要という事は子供ながらに理解していたので、本を読みながら練習していたんです。

 

 そうすると、無意識の部分の脳でも弾けるようになるっていう、快感というますか…

 

 練習したくない日は、本の続きが読みたいから、ピアノに向かうという、プラスに変える動作が、癖になり、大きい声では言えませんが、今でも、練習中は映画を見ることもあったりします。

 

 その中のコロナ…。おうち時間がもともと多かった私にとって、生活の変動はありませんでした。

 しかーし、下の子供が小学校に入り、習い事は自分ですべて行かせる。という教育方針(かわいい子には旅をさせろ)ですので、送迎がなくなってしまい…

 これまでは、一日2キロの距離を (電動ですが)自転車で4往復していましたから、一日16キロは自転車をこいでたわけです。

 

 長男との差があるので、トータルで言いますと、12年間、毎日16キロは自転車をこいでいたわけです。

 

 ああ…美容体重を維持していたのに…コロナなど関係なく、これはまずい…

 

 そして、ジムに通うか、運動を趣味に習い事をするか迷いました。

 

 しかし、家事と仕事で、毎週決まった時間にまとまった時間は取れないのが現実です。

 空いた15分とかでもできるものがあればいいのだけれど…

 

 そうだ、家事をしながらヨガってできないかな。が、きっかけでした。

 

家事をしながらヨガをしよう!

 元々、「ながら」が、大好きな私。

 

 朝のメディテーションでヨガってするものなのかもしれません。精神統一という時間を作るって大事ですものね。

 

 最初は、ピアノを弾きながら、椅子をバランスボールに変えてみたんです。

 

 1時間でも座れるくらいにはなって、インナーマッスルも順調だったんですが、お腹の中性脂肪をへこますには、これでは無理だなと思い、筋トレが必要なのだなと思いました。

 

1.料理中、ドライヤー中、洗濯物を干す間などの時間に、ヨガのポーズ(木のポーズ、ヤシの木のポーズ)をするか、スクワットしてみる。または、つま先立ちで過ごす。

 

2.階段は駆け足のつま先立ちで、もも上げダッシュする。

 

3.床ぶきを毎日するときに、昔ながらの四つん這いの姿勢でやる。

 

4.朝のニュースを見ている15分で、ヨガのポーズをする。または、クラブウォークや、バンビ―スクワット、シザーズ、ベントレックツイストなど、ハードなものもやってみる。

 

5.床に落ちた物を拾うときはひざを曲げない(柔軟)

 

 週に1度の1時間より、毎日のちょこちょこの方が、断然効果があるし、なにより無料ですw。

 

 そして、家事ってどうしても毎日するので、その動きでする癖をつけるだけなので、精神的にも、「やらなきゃ」という負担がありません。

 しかも、家事って、中腰が多いので、腰を傷めるんです。

 物を拾うときは、中腰になりがちですが、こうすれば一石二鳥なんです。

 

 今朝も次男が、登校前にだらだらしていたので叱ってしまいました。

 でも、メリハリよく、毎日を過ごすイキイキした親の姿を子供に見せることで、充分、教育なのだと思ってます。

 素敵なママになれるよう、精進いたします。